■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
みっちゃん道*満
















我が家の定番デザート ヨーグルト・ムース

 私が作れるお菓子の中で、もっとも得意なのは、ヨーグルト・ムースです。おんぷ☆

かれこれ25年以上前、テレビの料理番組で、

高島忠夫と寿美花代の「ごちそうさま」で覚えたレシピです。

すごく簡単で、美味しくて、今では我が家の定番デザートになってます

 材 料 

プレーンヨーグルト・・・250g
生クリーム・・・・・・・200cc
牛乳・・・・・・・・・・200cc
さとう・・・・・・・・・・80g
ゼラチン・・・・・・・・・10g
水(ゼラチンをふやかす)・大さじ6
バニラエッセンス・・・・・少々

 作りかた 

① 鍋に牛乳と砂糖を入れ、弱火にかけて温める。
② ふやかしたゼラチンも入れ、沸騰させないように溶かす。
③ 生クリームを泡立てる(8~9分立て)
④ ③にプレーンヨーグルトを入れ混ぜ合わせる。
⑤ ④にバニラエッセンスを少々入れる。
⑥ 人肌程度に冷ました①を④に入れ、混ぜ合わせる。
⑦ 好みの容器に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める。






P1000521.jpg P1000524.jpg

いちご、ブルーベリー、マンゴーなど、市販のヨーグルトソースをかけて召し上がれ。いちご
スポンサーサイト
[ 2007/07/31 22:15 ]Posted byみっちゃん | お菓子作り | TB(0) | CM(4)[記事編集]

虹の架け橋

 
 今日は気温もそれほど高くなく、過ごしやすい1日だった。

おまけに、夕方には涼を呼ぶかのようにザァ~と激しい夕立が降った

雨があがった後、ふと空を見上げると、大きな、大きな虹が架かっていた。


P1000719.jpg

[ 2007/07/31 00:14 ]Posted byみっちゃん | 日常 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

光の競演 Part2

長良川の花火大会の続きです。

せっかくの娘の力作(?)なので、いっぱい載せちゃいます。キラキラ

P1000559.jpg P1000581.jpg P1000568.jpg


P1000604.jpg P1000606.jpg P1000610.jpg


P1000613.jpg P1000623.jpg P1000637.jpg


P1000658.jpg P1000659.jpg P1000686.jpg

[ 2007/07/30 08:59 ]Posted byみっちゃん | 日常 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

光の競演!!長良川の花火大会

 昨日、「第51回全国選抜長良川中日花火大会」が開かれた

ウチの娘は花火が大好きで、毎年見物に出かけるけど、今年は彼氏と一緒なので

かなり気合が入ってたみたい。

初めて彼氏さんに引き合わせてくれたけど、やさしそうで、なかなかのイケメンでいい感じだった。

ちょっと嵐の”松潤”に似てるかな(ほめすぎかしら)

じっくり話をすることができなかったけど、また次もあることだし、私の中ではOKです。

で、私は二人のアッシー君として、花火会場まで車で送り迎えをさせられました。

私自身は、花火なんて、もう何年も見に行ったことがないし、行きたいとも思わないけど、

ブログのために、娘に頼んで、花火の写真をたくさん撮ってきてもらった。

P1000638.jpg

P1000567.jpg

P1000692.jpg

[ 2007/07/30 00:28 ]Posted byみっちゃん | 日常 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

河川環境楽園っていいかも・・・

 
 河川環境楽園を訪れたのは、今回が2度目。

最初の時は、淡水魚水族館建設の計画案が実現化される際、

その準備委員会(正式な名称は忘れちゃったけど・・)のメンバーに、

高校のPTA代表として参加させてもらっていたので、

1度はその場所を見ておく必要にせまられ、成り行きみたいで訪れたって感じかな?

あれから数年経って、岐阜県世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」を中心に、

見違えるほど立派な施設になってて、正直、驚いた。


P1000517.jpg

P1000495.jpg

P1000515.jpg

P1000499.jpg

P1000502.jpg

P1000498.jpg P1000501.jpg

P1000514.jpg


こんなに立派な施設なのに、入場料はタダ!

幼児を連れた若い夫婦が多いのもうなずける気がする。

ふと、近い将来、孫を連れてここを訪れている自分の姿を想像しちゃいました。

[ 2007/07/26 23:02 ]Posted byみっちゃん | 日常 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

すごぉ~く大きな花アメリカフヨウ

 
 梅雨明けも間近く、いよいよ夏本番です!!

でっ、ブログのテンプレート、思い切って衣替えしてみました。

ほし(きらきらキイロ)ほし(恋するぴんく)ほし(きみどり)絵文字名を入力してくださいほし(オレンジ)ほし(きらきらキイロ)ほし(恋するぴんく)ほし(きみどり)絵文字名を入力してくださいほし(オレンジ)


昨日、愛知県江南市にある長男夫婦の新居に用事があって出かけたが、

その帰り道、ふと思い立って「河川環境楽園」に立ち寄ってみた。

情報誌に載っていた、かさだ広場のアメリカフヨウを見てみたかったから・・・

アメリカフヨウって、背たけはそれほど高くはなく、私の胸あたり(?)かな。

でも花はびっくりするほど大きかった。直径20センチ以上はあるんじゃないかしら。

強い風が吹く中、大きな花がゆ~ら、ゆ~ら揺れる様は迫力満点だった。


P1000486.jpg 


P1000482.jpg P1000483.jpg

[ 2007/07/24 23:46 ]Posted byみっちゃん | 花めぐり | TB(0) | CM(2)[記事編集]

金のたまご!?

 
またまた珍しいものが手に入った。てへっ!!

その名も、味付燻製たまご「五えもん」

今度は、仕事仲間のTさんから頂きました。

時々私のブログを見てくれてるTさん、絶好のネタの提供ありがとう。おんぷ☆



P1000447.jpg

えび茶色と金色のたまごが整然と並んで・・・


P1000450.jpg

金色のたまご、決して略して言わないでネ!



P1000452.jpg

殻をむいたら、こんなふうでぇ~す!



P1000453.jpg

うす~くスライスして食べるのがいいかも。まさに珍味、珍味。

[ 2007/07/21 22:40 ]Posted byみっちゃん | 日常 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

まわして!ふって!!

 すっごく珍しいペットボトルのお茶を手に入れた。

以前から職場で話題にはなってたんだけど、どうも静岡限定のお茶みたいで

どこにも売ってないんです。あ

それが先日、仕事仲間のフッキーさんが、娘さんを通してそのお茶に出会い、

やっぱり地元では売ってなくて、わざわざ通販で取り寄せて、

私達にも分けてくれたんで~す


P1000443.jpg  見て! 見て!

 中身が透明の水なのがわかる?

 これはアルプスの天然水なんだって!









P1000435.jpg 緑色のキャップを軽く開ける。

 キャップに仕込まれている

 緑茶粉末パウダーと内蓋が

 ボトルの底に落ちる。







P1000436.jpg                                                                               


  矢印のところに、

 緑茶粉末が水に浮いてます
                







P1000437.jpg
                          
どアップで緑茶粉末が浮いてるのがよ~く見える!!


P1000439.jpg  P1000444.jpg
        よ~く シェイク!ふって!ふって! 出来上がり!!
[ 2007/07/16 13:22 ]Posted byみっちゃん | 日常 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

ハスは は・ず・れ ??

 7月11日、雨にも負けず、雨にも負けず、ハスの花を見に出かけた。ピンクの傘

羽島市郊外にある「大賀ハス園」へ!!

 植物学者、故大賀一郎博士が発見した2000年前の種から開花したのだと言う。

すごぉ~い太古のロマン。期待で胸踊らせて出向いたのに、ハスの花は蕾ばかり。

開花してても、なぜか重たげに右に左にしなだれていた。

          P1000391.jpg



          P1000393.jpg



          P1000396.jpg



          P1000397.jpg


ふと目を移すと、ハス園の片隅に小さな池があり、白い睡蓮の花がひっそりと咲いていた。

          P1000405.jpg

          
          

なんかこのままでは納得がいかなくて、もう一ヶ所、海津市のアクアワールド水郷パークセンターまで足をのばしてみた。規模的にはかなり広くて、池一面にハスが栽培されてたけど、花の咲き具合は似たり寄ったりだったかなぁ・・・

          

                   P1000410.jpg


          P1000426.jpg


          P1000427.jpg

[ 2007/07/14 22:58 ]Posted byみっちゃん | 花めぐり | TB(0) | CM(3)[記事編集]

どんだけぇ~ お土産の山・ヤマ・やま

 あわただしかった1泊2日の小樽旅行。
それにしては、この土産物の多さはどうよ。
自分で買っておきながら、ちょっとあきれてます。
めったに来ることのない北海道だもの。
見る物、見る物買いたくなっちゃうのよねぇ。



P1000385.jpg 
                       
                       P1000383.jpg

P1000386.jpg
                  
                       P1000381.jpg

P1000380.jpg

                       P1010456.jpg

P1010459.jpg

                       P1010461.jpg

P1010462.jpg

                       P1010463.jpg

P1010467.jpg

                       P1010472.jpg

P1010473.jpg

                       P1010475.jpg

P1010479.jpg

[ 2007/07/12 00:32 ]Posted byみっちゃん | 旅行 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

小樽の人よ♪ Part2

今回、ま○○ちゃん(お嫁さんのこと)のご両親に初めてお会いしたけど、とても気さくで穏やかで好印象の方々だった。私、すっかりうれしくなっちゃって、はしゃぎすぎたかも・・・ブログをやってるからと、食事の最中でも写真を撮りまくっちゃったしなあ・・・反省してます。あ
 でも、素の私を見てもらえて良かったかも知れない。
ま○○ちゃんもさりげなくフォローしてくれてたし・・
 食事が終わった後、観光する時間のない私達のために、観光タクシーで夜の小樽を案内して下さった。生憎の雨だったけど、昼間とはまた違った趣でとても楽しかった。特に、小樽市が一望できる天狗山にロープウェイで登ったのだけど、北海道3大夜景の1つにふさわしく、宝石を散りばめたようなその夜景は、本当に素晴らしかった。



P1000363.jpg

 実際はもっときれいな夜景だったのに・・

                    P1000358.jpg

                     頂上にあった天狗、鼻を撫でると願い事が叶うそうな・・


あわただしい1泊2日の小樽の旅だったけど、すご~く充実していた。
九州は宮崎出身の私が北は北海道の人とご縁が出来るなんて、思ってもみなかったけど、
このご縁を大切にし、久しくお付き合いできればと思っています。
楽しい思い出をありがとうございましたHeart


P1000366.jpg

小樽駅  また来れますように


                    
                    P1000368.jpg

                     小樽駅構内の窓にたくさんのランプがきれい!!
[ 2007/07/08 20:43 ]Posted byみっちゃん | 旅行 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

小樽のひとよ♪

 7月5日、6日で北海道の小樽に行って来た。長男の彼女(もう入籍したんでお嫁さんなんだけど、式がまだなんで実感がないの)が小樽出身なので、けじめとして、正式にご両親にご挨拶をしたいと思い、父の具合も気がかりだったけど、思い切って行くことにしたんです。
 航空券とホテル宿泊がセットになった格安チケットを取ったので、往復ともお昼の便で、小樽についたのが15時過ぎ。観光する時間なんて全然と言っていいほどなかった。ただ、旦那も私も小樽は初めてではなかったので、観光できなくてもまあしょうがないかあと、あきらめもついた。それでも小樽運河だけはしっかり見物した。onpu

P1000319.jpg


                    P1000318.jpg


P1000321.jpg


                    P1000324.jpg


P1000327.jpg



 両家の対面はにしん御殿で有名な旧青山別邸でのお食事会を用意していただいた。
 この邸宅は、にしんの大網元として栄華を極めた青山家が建てた大豪邸で、北海道には珍しい瓦葺き屋根の建物の内部は、廊下、柱、長押が漆塗りで、襖には当時の絵師や書道家の作品が残されている。家具や調度品も豪華絢爛で、建物全体が美術品のようだった。当時のお金で30億円かけているとのことで、ただただため息が出るばかりだった。キラ


 P1000330.jpg


                    P1000334.jpg


P1000332.jpg


この邸宅のお庭に使われている石は、長良川から運ばれて来たそうで、
なんだか不思議な縁を感じる。
[ 2007/07/08 11:20 ]Posted byみっちゃん | 旅行 | TB(0) | CM(0)[記事編集]